【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

あなたの自宅に太陽光発電を設置することで、節電にも繋がりますし、何よりも売電をも可能とします。
設置費用の元を取るには10年程度と言われており、結果的には経済的に節約をすることが出来るのです。太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。
もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。



【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:16 7 20

嫁は、もう30年間もご飯を作り続けている。
ご飯を作らなかった日は、
たまに行った旅行や
具合が悪くなり寝込んだ日を除けば数えるほどしかない。

もともと料理好きで炊事を楽しんでいるようである。
料理好きの連れ合いを持った夫は、
毎日手料理を味わえてたいへん幸せではないだろうか。

嫁は、今まで
店で売っている惣菜や冷凍食品など一度も買ったことがない。
どうも他人の料理を信用していない節があるようだ。
そのため、手間がかかっても毎日料理している。

わたくしがいうのも妙であるが、
近年の嫁手料理は味わい深くなった感がある。

コクが出てきたというか、
とにかく若いときに比べて味が格段に良くなっている。

もちろん、
若い頃は料理本のレシピと首っ引きで調理に取り組んでいた。
おそらく、当時の味は
レシピに忠実な味付けであったのではないだろうか。
それから比べると、今の味付けとは雲泥の差がある。

わたくしの実家がある徳島県は、
糖尿病死亡率全国ワースト1位という
不名誉な記録を何度も保持してきた。

この背景には、
公共交通機関が発達していないため
どんな近くでも自動車に乗り、歩かない、
甘辛い味付けのご飯を好むといった県民性がある。

実際、わたくしが実家に帰郷するまで
パパは塩辛く濃い味付けの料理を好んでいた。

以前、たまに実家に帰りご飯をした際、
味噌汁の味が塩辛く驚いた経験を何回もした。
そんな食習慣を長く続けてきたパパは、血圧が高く薬を飲んでいる。

わたくしたちが実家に帰ってからの味付けは、極めて薄い。
パパは、このことに不満そうであるが、
ご飯を作ってもらっている手前我慢しているように見える。


ホーム サイトマップ