【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

あなたの自宅に太陽光発電を設置することで、節電にも繋がりますし、何よりも売電をも可能とします。
設置費用の元を取るには10年程度と言われており、結果的には経済的に節約をすることが出来るのです。太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。
もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。



【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:27 9 20

頭がい内出血…
突然襲いかかってきた病いは
僕達夫婦に絶望をもたらしました。

息子がまだ生後10ヶ月の時でした。
奇跡的に一命はとりとめたものの、
病気が残していったものは大きいものでした。

「この子にはもう右の世界はありません」
「この子はもう障害児だから」
その言葉に僕は心まで凍りついた事を思い出します。

右半身マヒ、言語障害、けいれん発作…
将来歩く事も無理と言われ、
リハビリの毎日、度重なる入院そして手術。

息子の心にどんな影を落とすのか、
ただただ不安で笑顔を失くした僕がいました。

だけど息子は泣かなかった。
むしろ笑っているんです。
いつもニコニコして幸せそうに笑うんです。
まるで僕の心が見えているかのように…

入院しても手術しても笑顔だけは失くさず、
「僕は病気したけど心は病んでないよ」
息子を見ているとそんな風に感じます。

喋べる事も歩く事も無理だと言われていた息子が
会話が出来るようになったのも、歩く事が出来るようになったのも、
医学の力だけではない、
息子の心の強さのようなものを感じます。

2週間前、いつものように病院へ行っていました。
その日の僕は体調が悪く、足取りも少し重かったと思います。

すると
「ママ、いつもゴメンネ。体質悪くて本当にゴメンネ」と言って
涙を流す姿がそこにありました。

ショックでした。
息子に「体質が悪くてゴメンネ」と言わせてしまった事が
すごくショックでした。

それと同時に
「なんて優しく心がキレイなんだ」
と感じました。

僕は
こんなキレイな涙を流す子供を
育てさせてもらっているんだ…と
思い知らされました。

そして、
自分の子供ではあるけれど、
僕もこの子供に育ててもらっている…と
実感しました。

ホーム サイトマップ