【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置

この小さな日本に世界でもトップクラスの原発があり、この状況を改めるにはやはり自然再生エネルギーが必要です。
政府規模で自然再生エネルギーの推進が進んでいますが、太陽光発電でしたら今すぐに一般家庭でも設置出来ます。太陽光発電の普及支援としましては、すでに固定価格買取制度という支援策が打ち出されています。
これから先、風力発電などといったエネルギーも全量買取制度が実施されることも十分にあります。近年導入された補助金制度を確認して、補助金額がシステム1kw当たり7万円となったことに注目をしてください。
そして太陽光発電システムの価格が1kw当たり65万円となったということになります。 これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。太陽光発電の導入費用に関しましては、1kw当たり70万円とされていますが、これにはご注意をください。
機種や導入規模によっては、定められた65万円に納めることが難しくなってしまうケースも考えられます。



【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置ブログ:20 9 20

あたしは10年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
あたしにとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「お父さんを感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

お父さんはヘビースモーカーです。
幼少の頃、お父さんの枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

あたしの中でそれが「大好きなお父さん」だと
認識していることに気がついてからでした。

あたしが本当に好きだったのは、
このお父さんの匂いではなくて、
お父さんの屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
お父さんなんか必要ないと、お父さんから心理的に距離をとり、
お父さんの中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうのお父さん」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃はお父さんが大好きで
お父さんのひざの上やうでの中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
あたしの古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
あたしにとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、お父さんのことを理解し許し始め、
お父さんに対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
お父さんを大好きで信頼できるという気持ちだったのです。


ホーム サイトマップ