【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置

この小さな日本に世界でもトップクラスの原発があり、この状況を改めるにはやはり自然再生エネルギーが必要です。
政府規模で自然再生エネルギーの推進が進んでいますが、太陽光発電でしたら今すぐに一般家庭でも設置出来ます。太陽光発電の普及支援としましては、すでに固定価格買取制度という支援策が打ち出されています。
これから先、風力発電などといったエネルギーも全量買取制度が実施されることも十分にあります。近年導入された補助金制度を確認して、補助金額がシステム1kw当たり7万円となったことに注目をしてください。
そして太陽光発電システムの価格が1kw当たり65万円となったということになります。 これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。太陽光発電の導入費用に関しましては、1kw当たり70万円とされていますが、これにはご注意をください。
機種や導入規模によっては、定められた65万円に納めることが難しくなってしまうケースも考えられます。



【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置ブログ:09 8 20

皆様は、
授業中や会議中など「シーン」とした場で
ウエストが「グー」と鳴ってしまい、
恥ずかしい思いをした経験はありませんか?

この「グー」という音の正体は
胃の中の空気なんですって!

血液中の糖分が少なくなると
脳が肉体にサインを送り、
空腹感を感じるようになります。

すると
胃は食べ物が入ってくる準備をします。
このとき胃の中の空気も一緒に腸に送られ、
ウエストの音が発生するそうなんです。

空腹時にウエストが鳴るのは自然なことなので、
止めることはできませんが、
ウエストの音をコントロールする方法はあります。

「ウエストが鳴ったらすぐ何か食べればよい」
と思いがちですが、実は逆効果なんですよね!

間食は胃酸の分泌のバランスを崩し、
余計ウエストが鳴りやすくなります。

連日3食を同じ時間に
ある程度決まった量を食べることで
空腹になる時間も定まり、
突然の「グー」という音に悩まされることがなくなりますよ。

とは言え、
夕食から6時食まで時間があきますよね。

さらに6時食を抜かしてしまうと空腹感が一層高まり、
ウエストの音の原因になります。
6時食はしっかり食べて、一日をスタートしましょう。

血糖値の上昇が緩やかな、
玄米、小麦全粒粉パン、そば、さつまいも、
豆類、牛乳、チーズ、肉類、魚貝類といった食品は
空腹感を感じるまでに時間がかかりますが…

食パン、うどん、パイナップル、じゃがいも、
ショートケーキやドーナツなど甘いものは、
ウエストがすきやすいので、要注意ですよ。

こういった方法で
ウエストが鳴るのを防ぐことができます。
できることから少しずつ始めてみてくださいね。


ホーム サイトマップ