【お役立ちメニュー】数々ある太陽光発電を設置することのメリット

まだまだ太陽光発電のことについて理解をしている人は少なく、関心を持っていない人も多くいらっしゃいます。
しかしそれは大変損をしていることと言え、太陽光発電を理解すればお得な生活を実現することが可能なのです。太陽光発電システムを導入することによってのメリットですが、やはり環境に貢献をするということです。
二酸化炭素削減や地球温暖化対策としてかなり有効であり、地球規模の貢献が可能なのです。最近におきましては原子力発電所の停止によって電力不足も深刻となり、ご家庭で使用する電力を確保出来るのはとっても安心です。
システムによっては、災害が発生した時の停電などに蓄電しておいた電力を使えるタイプも販売されていますのでより安心感が強くなっています。 太陽エネルギーってそこまで大きな電気を作ることが出来ないのではないか?と疑問に思われている人もいることでしょう。
確かに莫大な量とは言えませんが、太陽光発電でしたら支障が無いほどの安定した電気を作ることが出来るのです。太陽光発電によって余った電力を、電力会社に買い取ってもらうことが出来ることから上手に使用することで、収益を出すことが出来ます。
発電した電力を目で確認もすることが出来るので、必然的に節電意識も高まってくることでしょう。





美少女フィギュアチェック
美少女フィギュアはここへ
URL:http://fig-ad.com/


【お役立ちメニュー】数々ある太陽光発電を設置することのメリットブログ:24 10 20

ちょっと仕事先のことで落ち込んでいます


減量に成功して、
スリムになった自分を想像したらワクワクしますよね?

でも、無意識の中ではちょっと違う動きをするようなんです。

それは、
今まで自分が体験したことない状況を本能的に避けて、
自分が経験している状態を好む…という本能で、
「ホメオスタシス(自己恒常性)」と呼ばれているものなんだそうです。

これはからだの働きにも備わっており、
減量していても最初はなかなか減らないのも、
自分が長い間過ごしてきた体重に戻そうとする
「ホメオスタシス」の本能が働き、
食事の量が減れば食欲を増長して食べさせようとし、
からだもエネルギー消費しにくいからだにして
脂肪を温存しようとします。

これと同じような働きが脳にも作用し、
「減量に成功するぞ!」と思っても
「本当に成功するの?今まで何度やってもダメだったじゃない」とか
「そんな減量やったら体に悪いんじゃないの?」とか、
いろいろな「自分が成功できない理由」を頭の中で考え始めます。

つまり「自分自身で減量を失敗させようとする」のです。

これが本能的に
減量に成功することを恐れ、
元の状態に戻そうとする脳の本能なのです。

これは、
減量成功の経験が少ない人ほど強力に働くもので、
それがいつしか「自分は痩せにくいからだ」だと思ってしまう傾向があります。

これは本人の意識の問題ではなく、
ホメオスタシスという脳の本能の働きなので、
当人がこらえ性がないとか怠惰であるという事ではないのです。

ましてや「痩せられないからだ」だという事でもありません。

人間は生きていく以上はエネルギーを消費しますし、
そのための食物も必要です。
それらのバランスを変えてあげれば、減量は成功します。

しかしそのバランスを変えるためには、
人間の「ホメオスタシス」を克服しないといけないんですね。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)


ホーム サイトマップ